38歳 私が実践している体の疲れを取る方法

連日深夜まで仕事が続いて、ちっとも仕事が片付かない時は、体の疲れをどっと感じます。

 

私の場合ですと、仕事がシステムエンジニアですので、基本的にデスクワークが中心になります。

 

パソコンに向かってシステム開発や保守を行うのが主な業務になりますので、一日中じっと動かない状態が続きます。

 

残業も多く、22時を超えて仕事するのが日常になってしまっています。

 

始業から深夜まで全然身体を動かさないんですが、同じ体勢でずっといるのもなかなか体が疲れます。

 

そんな時は、仕事が終わってから入念に身体をストレッチします。

 

開脚や前屈、身体を捻ってみたり、ヨガの真似事をします。

 

普段から運動不足が通常運転ですので、身体の硬さは折り紙付きです。

 

前屈しても指先すら地面に届きません。

 

とはいっても、一日動かさなかった身体をグーッと伸ばすのは非常に気持ちがよく、疲れが消えて行く気がします。

 

就寝直前、最後に少しだけストレッチをして寝ます。

 

そうすると、朝の目覚めもよく、ストレッチをしない時と比べて疲労の蓄積具合も違うような気がします。

 

 

 

イミダペプチドが一番効率的かもしれません。

イミダペプチドといえば臨床実験で疲労回復に効果があると証明されている確かな成分です。

 

ヒアルロン酸やコラーゲンのように経口摂取では実は意味がないといったこともなく、実験によって経口摂取で効果がある(分解吸収されたあと、体内で再合成される)ことが判明していますので、食品やドリンクに含まれていても効果が期待できます。

 

栄養ドリンクなどにアンテナを張っている人は、そもそも日々忙しく、疲労感を日頃から感じているからこそだと私は考えます。

 

つまり、いつも時間に追われている人たちということです。

 

ドリンクにしたことによって、そのように時間がない人も口にすることができ、その点がいいなと思いました。

 

しかも固体より液体のほうが吸収が良さそうです。

 

現在ははちみつレモン味しかないようですが、よりバリエーションが増えれば選ぶ楽しさも芽生えるかなと感じました。

 

私も日頃から強く疲労感を感じて生きていますので、店頭で見かけたらちょっと一本試してみようかなと思います。

 

 

更新履歴